咲江レディスクリニック院長

丹羽咲江にわさきえ

女性として輝く皆様を応援しています。

こんにちは。
咲江レディスクリニックの丹羽咲江です。
産婦人科は敷居が高く、妊婦さんが行くところというイメージがあるかもしれませんが、妊婦さんは1~2割程度。女性の身体は繊細で、一人一人違った様々な悩みを抱えて受診されます。病院に行くことが出来ず、インターネットで調べても、全ての情報が正しいとは言い切れません。小さな悩みでも、誰にも相談出来ないことでも、お気軽にご相談ください。
女性として輝く皆様を応援しています。

丹羽咲江先生
咲江レディスクリニック

経歴

平成3年3月 名古屋市立大学医学部卒業
平成3年5月 国立名古屋病院勤務(現名古屋医療センター)
平成8年4月 名古屋市立城北病院勤務(現名古屋市立西部医療センター)
平成14年1月 咲江レディスクリニックを開院
もっとゆっくりと患者さんたちと接し、じっくりと話を聞きながら患者さんの悩みを解消していきたいと思いクリニックを開院。他院で嫌な思いをした風俗嬢さんも安心して通える、敷居の低い痛くない診療は、口コミで広がり、毎日約100名の患者さんが来院する。2016年にはDr.咲江のEVENING LOVERS講座を立ち上げ、性交痛やセックスを楽しみたい女性たちから好評を得ている。毎日の診療以外にも、性教育や一般女性を対象に「女性の健康」について講演活動など多数おこなう。

専門分野

婦人科診療全般(性交痛、性感染症、婦人科系の病気、妊娠や不妊等)
性教育
女性が自立して生きることについて

メディアでの活躍

朝日新聞
週刊ポスト
週刊現代
女性セブン

著書

「女医が教える女のカラダと心のヒミツ」
「性教育用DVDカラダと心のヒミツ」

リンク

質問カテゴリー

風俗全般

性病・体の悩み

エラー
何らかのエラーが発生しました。

検討中リストに登録しました

検索条件を保存しました
保存した条件はメニューから呼び出すことができます。
検索条件を上書きしました
検索条件は20件までしか保存できません。

ログイン後にご利用になれます。