水商売・風俗業界向け賃貸物件情報サイト

ナイトラニュース

保証人不要システムについて

2018年04月19日

★私だけで賃貸契約!連帯保証人不要システムを使おう!★



賃貸を借りるときは、通常「連帯保証人」が必要になります。
契約者が家賃滞納やトラブルがあった際、代わりに支払ったり責任を取ったりする立場の人が必要になります。
「連帯保証人」は契約者と同じ立場、同じ義務を背負うので収入のある親族などにお願いすることが多くなります。
しかし、親や親族に頼みづらい場合もあります。そんなとき、一人で契約を完結できる方法をご紹介します。

・保証会社を使う
・クレジットカード払いの賃貸を選ぶ
・連帯保証人不要の賃貸を選ぶ



・保証会社を使う


保証会社が保証人の代わりになって契約することができるシステムです。
物件によって保証会社が決まっていて、保証会社が入居にあたり審査を行います。とても厳しい保証会社だとナイトワークNGだったりするので、お部屋探しの際に不動産屋さんへ相談してみましょう。そのとき、在籍確認の可否や収入証明の有無も合わせて相談しておくとよりスピーディーです。ナイトワークでも審査が通りやすい優しい保証会社の物件を探してくれます。
保証会社の費用は様々です。最初にまとめて払うタイプや、月々に家賃の何%か負担することもあります。更新時にも負担があることも多いですが、滞納がなければ負担なしなどメリットもあります。保証会社に申し込む際に説明してもらえるので不安なことがあれば担当者に確認をしておきましょう。

・クレジットカード払いの賃貸を選ぶ


クレジットカードを持っている、または新しく作れる場合は、保証人なしで契約できる可能性が高くなります。申込先の物件がクレジット決済OKの場合ぜひ検討してみましょう。クレジットカードが毎月決まったタイミングで家賃を払うので保証人なしでも安心です。また、ポイントやマイルも貯まるのでとってもお得なんです。ただ、限度額やリボ払い枠などがいっぱいだと使えなくなったりすることもあるので、きちんと管理しましょう。


・保証人不要の賃貸を選ぶ


そもそも、保証人が必要ない物件もあります。
保証会社が利用できない、クレジットカードは持っていない場合はそういった物件を探すことができます。繁華街の近くや、たくさん賃貸物件が集まっているエリアだと探しやすいと思います。たくさんの物件が競合していると、より早く契約手続きを終わらせるため、保証人なしで審査を行う管理会社さんや大家さんもいます。
しかし、保証人が不要で本人だけで審査するため、やや入居審査が厳しくなることがあります。不動産屋さんに必要書類などを確認しておきましょう。

最近では、保証人がいない、お願いしづらいというときでもお部屋探しは可能です。保証会社の審査は厳しいところから優しいところまで様々です。経験豊富な不動産屋さんやナイトワークに詳しい不動産屋さんだと、そういった情報も多く持っています。ぜひ気軽に相談してみてください。

保証人不要の賃貸情報です。