水商売・風俗業界向け賃貸物件情報サイト

ナイトラニュース

無職の場合の賃貸審査について

2018年04月06日

無職でも大丈夫! 賃貸の審査を通過する方法



お仕事がない時にお引越ししなければいけない場合、賃貸の入居審査がとても心配になりますよね。
確かに、収入がないと賃貸の審査は厳しくなってきます。では、どうしたら賃貸を借りることができるでしょうか?
無職の場合でもお部屋が借りられる方法をご紹介します。

・不動産会社に正直に話す
・連帯保証人を立てる
・家賃保証会社を使う


大切なのはこの3点です。

不動産会社に正直話す


まずは、お部屋探しをしてくれる不動産仲介会社を見つけましょう。
経験豊富な仲介会社の方が良いアドバイスをもらえます。ネットで多くのお部屋を紹介していたり、大きな駅の駅前の不動産屋さんなどは、いろいろなお客さんと接しているので様々なケースを経験していることが多いです。担当者には無職であることや、引越し理由は正直に話しをしてください。ナイトワークの方などはお店の寮に住んでいて、退店と同時に住むところを探さなければいけないなどはよくあるケースです。不安に思わず、なんでも相談してみましょう。

連帯保証人を立てる


ご家族の協力が得られる場合は、連帯保証人になってもらいましょう。あなたに収入がなくても、連帯保証人さんに収入があれば審査が通る可能性が高くなります。しかし、大家さんによっては、収入のあるご家族を契約者にするようにいってくる場合もあります。ご家族とよく相談して準備をしておきましょう。

家賃保証会社を使う


ご家族に無職なのを知られたくない、または頼れる人がいない場合は保証会社を利用することもできます。物件によって、利用できる保証会社が変わってきます。クレジットカードの滞納や金融事故がなければ無職でも審査が通る可能性があります。
特に、前に住んでいた物件で保証会社を利用していて、家賃の滞納などがなかった場合、同じ保証会社を使うと審査が通る可能性が高くなります。
家賃滞納がないという信用があるのでトライしてみましょう。使っていた保証会社のことも不動産屋さんの担当者に伝えてみてください。
保証人不要の賃貸情報はこちらから検索できます。

ちょっとした工夫で審査に通ることも!


引っ越し期間に少し余裕がある場合、3月〜4月の繁忙期を避けると入居しやすくなる傾向があります。繁忙期は入居者を選べるため大家さんも強気に出てきますので、閑散期が狙い目です。
人気のあるエリアは競争率が高いので、審査は厳しめになります。
「急行が止まらない1つ隣の駅」や「駅からちょっと歩く」など探す条件を広げていくと融通がきく物件を見つけられる確率は高くなります。

無職であっても、お部屋探しを諦める必要はありません。
賃貸は大家さんによって、物件によって条件は様々なので、ぜひ気軽に不動産屋さんに相談してみてくださいね。