水商売・風俗業界向け賃貸物件情報サイト

ナイトラニュース

早く入居したい人へ

2018年03月31日

「すぐに引っ越したい! 賃貸マンションに素早く入居するポイント!」




お部屋を探しはいろいろな理由があります。
上京したらすぐに仕事がスタートしてしまう!、今いるお部屋から一刻も早く引っ越したい!、など特に風俗業や水商売などのナイトワークで働く方のご事情は様々です。
では、賃貸物件は探して見つかったらすぐに住み始められるものでしょうか?
一刻も早く引っ越したい場合は?
早く賃貸マンションに入居できるコツをご紹介します。


・「即入居」物件を探す


お部屋探しには様々な募集が出ています。中には「空き予定」で募集する物件もあります。そういったお部屋は気に入っても前の入居さが出ていってからしか住めません。探す時は「即入居」「現空」と書いてあるお部屋を探しましょう。不動産屋さんにお願いする場合もすぐに引っ越したい旨を伝え、そういった物件のみを紹介してもらいましょう。


・必要書類とお金は事前に用意する


気に入ったお部屋を見つけて、申し込んだらすぐに引っ越しできると思われている方は意外と多いです。実は申し込みから契約までに「入居審査」や「契約書の作成」など準備が必要になります。

申し込みをしたあなたが、この後家賃を払えるか、トラブルを起こさないか大家さんが見極めます。書類のやり取りや調査をするためだいたい2〜3日かかってしまいます。保証会社を使うことができれば、もう少し早く結果が出る場合もあります。保証会社の利用の可否は物件ごとに決まっているので、お部屋探しをしてくれた担当者に確認をしてみましょう。

また、すぐに契約時に必要な書類も揃えておきましょう。物件によって異なってきますが、以下が必要になってきます。

・身分証明書
・収入証明書
・住民票
・印鑑証明



連帯保証人さんが必要な場合は、保証人さんも同様にこういった書類が必要になります。合わせてお願いをしておきましょう。

また、契約金もすぐに用意しておきましょう。今はATMで引き出せるお金に制限があります。入居費用はまとまったお金になるので、あらかじめ銀行から引き出しておくと早く手続きも済みます。


・連帯保証人を同席させる


契約をするときは、連帯保証人さんのサインと印鑑が必要になります。同席できない場合は、一度持ち帰ったり送付したりしなければいけません。できれば契約日に連帯保証人さんに同席してもらって、一度に契約を終わらせてしまいましょう。連帯保証人さんがいない場合は、保証会社の利用も検討しましょう。保証会社を使えばそういったわずらわしい手続きがなく、審査が済めばすぐに契約ができます。


まとめ


賃貸物件は契約が必要になるので、どうしても時間がかかってしまいます。早く入居するためには必要書類を準備するなど事前の用意が必要になります。不安なことがあればこのナイトラや、お部屋探しをしてくれる不動産屋さんに気軽に相談してみましょう。