水商売・風俗業界向け賃貸物件情報サイト

ナイトラニュース

賃貸の審査を通すコツ

2018年03月27日

「風俗業や水商売でも大丈夫! 賃貸の入居審査を通すコツ」



風俗業や水商売だと、お部屋を探すのも一苦労ですね。
お店が契約している寮などがあればいいのですが、イチから探すと申し込みから入居審査、契約まで気をもむことも多く出てきます。
そもそも、なぜ風俗業や水商売などのナイトワーク系に従事する人は入居審査に通りづらいのでしょうか?
大家さんは、家賃収入で生活をしている人が多いです。毎月決まったお給料で、家賃を問題なく払える収入のある人を優先します。風俗業や水商売は固定給ではないことが多く「収入が不安定」というイメージがあるので入居審査が通らない可能性が高くなります。また、待遇や環境でお店をよく移るのも風俗業や水商売ではよくあることですが、大家さんとしては印象が良くないものです。
生活の面では、昼夜逆転の生活に否定的な大家さんが多いです。
騒音クレームは解決に時間がかかるので、できれば事前に避けたいと考えることが多いようです。

では、入居審査を上手に通すコツはどんなものがあるでしょうか?

・お店のある繁華街の近くで探す
・保証会社を利用する
・風俗業や水商売に強い賃貸仲介会社を利用する
・虚偽申告をしない

「お店のある繁華街の近くで探す」


繁華街の近くは、風俗業や水商売や飲食店で忙しく働く人たちが大勢住んでいます。大家さんや管理会社も理解があることが多く、審査もスムーズに行くことが多いです。また、お店の近くに住むとタクシー代が安く済む、送迎で一番最初に降ろしてもらえるから早く帰れる、などのメリットも多いです。

「保証会社を利用する」


これも審査が通りやすくなるコツです。過去に金融関係など何もトラブルがなければ保証会社を利用しましょう。保証会社を利用すれば連帯保証人が必要なくなるプランなどもあるので不動産屋さんに相談してみてください。

「風俗業や水商売に強い賃貸仲介会社を選ぶ」


最も審査が通りやすい探し方です。風俗業や水商売の方が審査に通るコツをよく把握していることと、入居可能な物件情報を多く持っているのでスムーズな部屋探しができます。インターネットで検索した際に風俗業や水商売OKと謳っている不動産屋さんや、大きな繁華街の駅前にある不動産屋さんなどがオススメです。

「虚偽申告をしない」


入居審査に通るコツとして、これは絶対です。会社や電話番号、収入、勤務形態などに嘘があると必ずバレます。バレるとその物件の大家さんや管理会社からは当然入居を断られてしまいます。他の物件に申し込もうとしても、同じエリアだと同じ大家さんや管理会社になることがあります。そうすると、そこも断られる可能性が高くなります。
正直に申告してOKなお部屋を探していきましょう。

頑張っているのに、お部屋の審査が通らないのは悲しいですよね。あなたがナイトワーカーとして頑張っていることをわかってくれる不動産屋さんに相談することが入居審査が通るいちばんの近道です。諦めずに、気に入ったお部屋を見つけましょう。