水商売・風俗業界向け賃貸物件情報サイト

ナイトラニュース

ペットを勝手に飼ってバレた!

2018年07月06日

★ペットを勝手に飼ってバレたとき★


犬や猫は忙しく働く私たちにとって最高の癒しになります。
一人暮らしでも工夫次第で仲良く暮らすことができます。今回はペットと暮らすお家についてご紹介します。

・お部屋でこっそり飼っていてもバレる?


賃貸では、ペットの飼えないお部屋もあります。お部屋から出さないから黙っていてもバレないと思って飼い始めても、案外あっさりバレてしまいます。留守の間にワンちゃんや猫ちゃんが寂しくて鳴いてしまったり、ゴミの中にペットフードの袋や缶があるなどのことがきっかけでバレることもあります。
しっかりと躾をし、適度な運動をさせないとストレスが溜まってよく鳴いたり問題行動を起こすようになるので、こまめに遊んだり犬の場合はお散歩させるようにしましょう。

・どうして飼ってはいけないの?


アパートやマンションはたくさんの人が一緒に生活します。
住人の中には、動物が苦手だったりアレルギーだったりする人もいます。全員が平等に、安全に暮らせるよう動物はNGの場合が多くなっています。
お部屋を探すときにペット不可かどうかは契約の時に必ずわかるようになっています。契約書のお部屋に住むための条件の部分に明記されていることが多いのでよく確認をしておきましょう。

・ペット可物件ならとっても安心!


もし、契約書にペット不可とあれば、約束に違反することになるので引越しをしなければいけません。
最近はペットと一緒に暮らせるアパートマンションも多いので探しやすくなっています。ただ、より希望通りに探すにはちょっとしたコツがあります。
まずは、希望エリアで立地が良い場所は大変人気があります。ペット可の賃貸も人気が高いので審査が厳しくなる傾向があります。水商売や風俗などナイトワークの方の場合は、そういった激戦区エリアを避け少し駅から歩いたり、急行の止まらない近くの駅などに視野を広げてみましょう。
最近では分譲タイプのマンションでもペットOKが増えています。少々家賃が高い場合もありますが検討してみましょう。
ペットのことを隠しながらではなく、堂々と飼える環境は動物たちにとっても好ましいものです。ぜひ大切なペットが安心してのびのび暮らせる環境を整えてあげてください。

・ペットと一緒に住めるお部屋の環境


ペットと住めるお部屋を探すときは、ちょっと周りの環境も見ておくと安心です。
ワンちゃんの場合は夜お散歩に出たとき道が真っ暗で怖くないか、休みの日に遊べる公園はあるか、また、猫ちゃんも含め、動物病院は通える範囲にあるかどうかチェックしておきましょう。

ペットを飼うときは事前にお部屋で飼えるか確認が必要です。
もしダメな場合でも、ペットOKのお部屋はたくさんあります。バレるかもとヒヤヒヤする前に、ぜひお引越しを検討してくださいね。