水商売・風俗業界向け賃貸物件情報サイト

ナイトラニュース

昼職を持ってる場合のお部屋の探し方

2018年07月01日

昼職と水商売や風俗などのナイトワークを掛け持ってる場合のお部屋の探し方



・昼職とナイトワークを掛け持ちしている場合


今はお昼の仕事と風俗や水商売などのナイトワークを掛け持ちしている方はとても多くなってきました。お部屋を借りる時はどう伝えていいか迷ってしまいますよね。
お昼の仕事だけで、ナイトワークは伝えなくて良い?後でばれたら追い出されるのではないか・・・そんな心配があるときもあります。
賃貸の審査では副収入に関しては聞かれることはあまりありません。ただ収入に対してあまりに高い家賃の場合だったり、1人暮らしでとても広い豪華な部屋だったり不自然な申し込みの場合は「他に収入はありますか?」と聞かれます。

・昼職の収入が少ない場合は?


アルバイトなどでお昼の仕事の収入が少ない場合は審査も不安になってしまいます。お給料明細や源泉徴収票の出る昼の仕事の方が、賃貸としては審査しやすい場合もあります。
どちらにしても、審査の優しい管理会社や保証会社を選ぶとスムーズに決まります。はじめてのお部屋探しだと、どこの物件が審査が優しいなどは分からないものです。
信頼できる不動産屋さんに積極的に相談してみてくださいね。

・どっちが良いか分からない時は相談を!


昼職で申し込むか、夜職で申し込むか迷っている・・・昼職のみだと収入が少なく借りられる家が限られてしまう・・・など困った場合は、不動産屋さんに相談してみましょう。
大手の賃貸仲介会社などはマニュアル通りに審査をするので、収入が足りない場合などは簡単に審査に落ちることが多々あります。
また、賃貸仲介の会社によっては申し込みを急ぐあまり、きちんとヒアリングせずにむやみやたらに審査に出し、あちこちで落ちてしまうことがあります。こういったことが起こると、同じ管理会社の管理物件に申し込めなくなる、同じ保証会社の物件に申し揉めなくなるなど、お部屋探しに支障が出るだけでなく、お部屋探しをしているみなさんも一喜一憂することになるので決して良いことではありません。
昼職も夜職もしていることを話した上で、どういった戦略で審査を通すか!それを考えてくれる不動産屋さんがベストです。
ナイトワークにも理解があり、経験があり、丁寧な対応をしてくれる不動産屋さんを選びましょう。

ナイトワークと昼職を掛け持って働くのはとても大変ですよね。賃貸の審査でどう活かせるかは相手の管理会社や保証会社によって変わってきます。経験豊かな不動産屋さんによく相談し、ベストなお部屋を探しましょう。